1.49秒という数字に表れる夫婦の実態とは?

 

1.49秒という数字を聞いて何を

思浮かべるでしょうか。

 

 

この数字は日本の夫婦が1.49秒に

1組離婚しているという現実を

示しています。

 

 

こうして、記事を読んでいる瞬間にも

何組もの夫婦が離婚しているという

事実があります。

 

 

離婚理由の最も多い原因は「性格の不一致」

ですが、2位には「浮気・不倫」が

つづいており、

 

 

浮気や不倫は離婚の大きな原因の

1つです。

 

 

不倫は法律違反?

 

離婚原因の多くを占める浮気や不倫は

法律に違反しているのでしょうか?

 

 

不倫をすることで犯罪になるということ

なのでしょうか?

 

 

現在の日本では不倫は犯罪ではありません

 

 

婚姻関係を結ぶにあたり、貞操義務が

ありますが、配偶者以外の異性と肉体関係

を持ったからと言って犯罪にはあたりません。

 

 

姦通罪は刑法でも民法でも廃止

 

かつては、日本でも姦通罪として不倫は

犯罪行為にあたりました。

 

 

姦通罪は重罪とされ、両者とも死罪や

協力者も追放や死罪となっている

重い刑が処せられていました。

 

 

しかし、第2次世界大戦以後の1947年に

「男女平等」の日本国憲法が施行され、

現行では姦通罪は廃止されています。

 

 

不倫で慰謝料を請求できるわけとは?

 

それでは、なぜ犯罪でもない不倫で

慰謝料を請求できるのでしょうか。

 

 

慰謝料を請求できる理由は、

損害賠償にあたります。

 

 

不倫が原因で配偶者に精神的な苦痛を

与えたということで、損害賠償の対象に

なります。

 

 

そのため、不倫が原因で不倫相手や

配偶者に慰謝料を請求することが

一般的です。

 

 

離婚原因にはなるが不倫は犯罪ではない

 

刑法にはもちろん、民法にも不貞行為を

禁じた条文はありません。

 

 

不倫自体は現在の日本では違法では

ありません。

 

 

あくまで慰謝料は損害賠償であって、

法律に違反していなくても慰謝料は

請求できます。

 

 

一方、夫婦となった場合には、

貞操義務があり、不貞行為は

離婚の原因となります。

 

 

 

どこまでが不倫?不倫が法律に触れる境界線とは

 

それでは、いったい不倫とはどんな状態を

不倫というのでしょうか。

 

 

不倫自体は違法ではありませんが、

不倫が原因で法律に触れる恐れがある

境界線はどこにあるのでしょうか。

 

 

不倫関係が認められる条件とは?

 

不倫関係が認められる条件とは、

配偶者以外の異性の人と肉体関係を

持ったときです。

 

 

一方、配偶者以外の異性とデートしたり、

キスしたりすることは不倫とまでは

呼べません。

 

 

また、夫婦間で性欲を満たせない場合、

旦那側では風俗に行くことも珍しく

ありません。

 

 

風俗で性欲を解消すること自体も

不倫にはあたりません。

 

 

・不貞行為と見なされる例:異性との肉体関係

・不貞行為と見なされない例:デート、キス、風俗

 

 

旦那の不倫は95%妻にバレている

 

例えば、妻からしてみると旦那が

浮気していることはすぐに気づく

ことが多いようです。

 

 

ある調査では不倫する旦那が妻に

バレる確率は95%と言われており、

反対に妻が不倫して旦那に気づかれる

確率は5%と言われています。

 

 

それだけ、旦那の不倫は妻に気づかれ

ていると言えます。

 

 

不倫の事実を知った時の怒りや悔しさ

などの感情は抑えることがとても

できません。

 

 

しかし、そこで感情的にふるまって

しまっても後々後悔することに

つながってしまいます。

 

 

旦那の不貞行為・不倫の証拠をつかむ

 

そのため、旦那の不倫が疑わしい場合には、

本当に旦那が不倫をしているのか事実を

まず確認することが何より重要です。

 

 

いざ、離婚する際や、慰謝料を請求する時

不倫の証拠をどれだけ揃えているかが、

離婚や慰謝料を請求する際に損を

しないことにつながります。

 

 

旦那の不倫の証拠で効果大

 

・写真・・・旦那(妻)が不倫相手とホテルから出入りするところの写真

 

 

旦那の不倫の証拠で効果薄い

 

・メール・・・効果薄い不倫相手からの連絡(メール、電話の録音、手紙)

・クレジットなどの明細・・・食事や宿泊記録などのクレジット明細

 

 

証拠集めは探偵社に依頼するべき

 

旦那の不倫の証拠集めは一般人である

妻だけでは無理です。

 

 

裁判で確実な証拠として提出し、

損をしないためには探偵に証拠を

集めてもらうのが最も一般的で確実です。

 

 

また調査会社や探偵社で作成された

調査報告書や供述は、裁判において

有力な証拠となりえます。

 

 

不倫相手と配偶者に慰謝料を請求する

 

不倫自体は犯罪ではないので、

相手側を犯罪として処罰することは

できません。

 

 

一方、損害賠償として相手側を訴える

ことは可能です。

 

 

慰謝料を請求する先には不倫相手と

配偶者があります。

 

 

配偶者に慰謝料を請求する場合には

離婚を前提に考えている場合がほとんです。

 

 

一方、旦那が不倫していたとしても

離婚に至らず、やり直すという方法を

とる夫婦もいます。

 

 

その場合にも不倫相手に慰謝料

請求することは可能です。

 

 

旦那の不倫相手から慰謝料請求された

 

また、反対に旦那の不倫相手から

慰謝料を請求されることもあります。

 

 

いきなり、慰謝料の請求をつきつけられ、

混乱するのも無理はありません。

 

 

しかし、自分が「損をしない」ために

感情的にならず、冷静に物事を

進めていかなくてはいけません。

 

 

旦那の不倫相手から慰謝料を請求された対処法

 

いきなり、旦那の不倫相手から慰謝料を

請求されたとしても慌ててはいけません。

 

 

慰謝料を請求するには証拠が必要です

 

 

旦那の不貞行為は許せませんが、

それが原因で自分まで損をするのは

さらに許せません。

 

 

そこで、慰謝料が発生する条件を

確認してみましょう。

 

 

・不倫相手が既婚者と事前に知っていたか

・不倫中の夫婦関係はどのような状態であったか

・不倫によって夫婦関係や家族関係はどのように変わったか

 

 

旦那の不倫相手から慰謝料を請求されても払わなくていい

 

旦那の不倫相手から慰謝料を請求されても

慰謝料を払わなくていいケースもあります。

 

 

慰謝料を払わない最も多いケースは

旦那の不倫相手が既婚者であることを

知るすべがないという場合です。

 

 

そのようなケースではたとえ、

慰謝料を請求されたとしても

払う必要はありません

 

 

相手側がどれだけの証拠を掴んでいるのか確認する

 

そのような身辺調査は一般的に妻では

難しいです。

 

 

そのため、プロの探偵に任せるのが

もっともよい方法と言えます。

 

 

慰謝料請求への不倫相手の身辺調査をしたい

 

慰謝料を取りたいと思い、

相手の身辺調査をし、

旦那との不倫の証拠を集めたいという

妻は多くいます。

 

 

しかし、いくら相手方を把握し、

学校やその近辺に妻自身で調査を

行ったとしても、

 

 

その調査で得られた情報が裁判で

通用するほどの信頼性があるかというと、

効果はほとんどありません。

 

 

離婚や慰謝料請求での裁判で通用する

ものを提出するためには、

 

 

相手方の身辺調査をするよりも

旦那との不倫の証拠を集めることの方が

労力も少なく効果的です。

 

 

旦那との不貞行為の撮影

 

旦那と不倫相手が毎週決まった場所と

時間で不貞行為をしていることが

わかっているという場合も稀にあります。

 

 

旦那の不倫の証拠として現場の写真

撮ろうと思っています。

 

 

写真を撮る行為は法律に違反するので

しょうか?

 

 

この場合では、撮影の目的が明確なため

違法とは言えません。

 

 

また、このような状況では妻の撮った

写真は不倫の証拠として十分な効果を

得られます。

 

 

旦那の不倫の証拠を探偵に調査依頼する

 

相手が特定できており、不倫の時間や

場所まで特定できているとすれば、

プロの探偵に頼らずとも妻自身で

証拠をつかむことは可能です。

 

 

しかし、ほとんどの不倫のケースの場合、

妻自身で裁判で通用する証拠をそろえる

のは不可能です。

 

 

一生懸命集めたとおもったものでも、

不倫の証拠として全く効果がなかったと

いうことも珍しくありません。

 

 

そのため、旦那の不倫の証拠を集めるには

プロの探偵に依頼することが最も効果的です。

 

 

さらに、探偵の作った調査報告書も裁判で

証拠として十分に効果が期待できます。

 

 

旦那の不倫にまずは無料相談から

 

旦那の不倫で離婚や慰謝料を請求する

場合には、まず何より証拠の有無が最も

重要なポイントです。

 

 

裁判で通用する確実な証拠をつかむために、

まずは無料相談で解決策を探す方法を

おすすめします。

 

 

浮気調査探偵事務所おすすめランキング

第1位:原一探偵事務所

調査実績44年の他社を圧倒する経験と日本最大級の調査員数を誇る原一探偵事務所。

110.000件以上の相談の実績を積み重ねてきた独自のネットワークで精度が極めて高い調査を行います。

どこよりも質の高い証拠が取れると評判な探偵事務所です。

無料の電話相談から、匿名でのメールでの相談も可能です。

旦那の浮気に心当たりがあるならまずは無料相談ください。

第2位:アイヴィ・サービス

24時間365日受付可能で日本全国をサポートしてるアイヴィ・サービス。

弁護士との連携もスムーズで裁判で提出できる高い証拠収集力は全国の弁護士の先生からも評判です。

浮気調査だけでも年間2,000件を超える実績を誇ります。

女性ライフアドバイザーもおり、1人で不安を抱えて悩むより、まずは無料相談してみることをおすすめします。

第3位:HAL探偵社

とにかく、浮気調査の費用を安く抑えたい人におすすめなHAL探偵社。

独自の料金システム「成功報酬&後払い(初期費用0円)」で浮気調査にかかる費用で他社を圧倒します。

また、成功報酬制なため、依頼に関する情報が取れなかった場合には費用は発生しません。

浮気調査費用を出来る限り安く抑えたい人に、まずは無料相談から。

第1位:原一探偵事務所

探偵事務所で迷ったら、まずは原一探偵事務所で間違いありません。

発覚しずらい40代の浮気

社会的地位も得て、女性にモテル年頃の旦那は慎重に慎重を重ねて浮気をします。

最も多いのは職場の女性社員で浮気の3割を占めます。

旦那の浮気に心当たりがある人は、まずは無料相談からはじめてみることをおすすめします。