驚愕の不倫の制裁方法とは?

 

不倫の制裁を加えたい。

 

 

不倫の制裁方法にはいったい

どんな方法があるのでしょうか。

 

 

・不倫相手の会社に密告してやる

・仕返し不倫をする

・証拠を突きつけ両親の前で自白させる

・近所に不倫の事実をばら撒く

・慰謝料を請求する

 

 

など、世間では不倫の制裁方法が多くあります。

 

 

しかし、不倫の制裁は一つ間違えると自分が

不利になることもあるので注意が必要です。

 

 

不倫の制裁を加えたいケース

 

不倫の制裁を与えたいケースには

どのようなケースがあるのでしょうか。

 

 

・LINEラインで妻の不倫を知った。

・結婚2・3年目から別れるまで約10年旦那が不倫していた。

・会社の同僚と不倫関係に陥り、家を出て不倫相手と同棲していた。

 

 

・仕事中に妻が間男と不倫していた。

・「相手を訴えないでくれ」と自分が傷ついたことは無視する旦那

・会社の同僚から妻の不倫の現場を聞かされた。

 

 

など、不倫は身近なところで繰り返されており、

また感情的にとても許せないものです。

 

 

不倫相手に対する憎しみが強すぎる

 

不倫が発覚したときに抱く感情は、

不倫した妻や旦那も許せませんが、

それ以上に不倫相手が憎くて仕方

ありません。

 

 

不倫相手に慰謝料だけでなく、

心情的にもダメージを与えてやりたい

と思うのが、不倫された側の気持ちです。

 

 

だからといって、感情的になって行動

してしまうと、逆に自分が後悔する結果

になってしまうこともあります。

 

 

不倫慰謝料の相場は200万円前後

 

高額な不倫による慰謝料では500万を

超えるようなこともありますが、

多くのケースで不倫による慰謝料は

200万円前後となっています。

 

 

夫婦の平穏な家庭を乱し、子どもの将来にも

影響するような不倫をした不倫相手は

許せません。

 

 

しかし、それだけ家庭にダメージを

受けたとしても慰謝料は200万円前後が

現在の日本での不倫制裁の慰謝料の相場

なっています。

 

不倫の制裁をするためには不倫の証拠が必要

 

不倫の制裁で最も重要なことは、

「不貞の証拠」を確実に集めることです。

 

 

不貞の証拠とは、キスや手をつないで

いて、妻や旦那の浮気がありそうだと

いうレベルではありません。

 

 

不貞の証拠とは肉体関係があったかどうか

がハッキリと分かる証拠のことをさします。

 

 

さらに、1度きりの肉体関係ではなく、

継続的な肉体関係の証拠が必要になります。

 

 

不貞行為の証明は自分だけでは無理?

 

不倫の制裁で最も重要な不貞の証拠を

集めるには、自分だけの力だけでは

とても無理です。

 

 

肉体関係があったとハッキリわかる

証拠として、裁判に提出される最も

効果的な証拠は写真や動画です。

 

 

暗い中でも、ハッキリと顔がわかるような

写真や動画でなくてはなりません。

 

 

自分だけで行った場合、自分ではそれが

不貞の証拠になると思っても、実際に

 

 

弁護士などから見ると不貞の証拠として

効果が期待できないということも珍しく

ありません。

 

 

不倫の制裁に必要な証拠を集める方法とは?

 

そのため、妻や旦那の不倫が疑わしい時に、

最も多く使われる方法が探偵・興信所で

探偵に不倫の証拠を集めてもらう方法です。

 

 

探偵の調査力は驚くほどの精度の高さです。

 

 

一般的に探偵に依頼することは費用が

高いとおもわれがちです。

 

 

しかし、慰謝料請求で確実に勝利を

掴むことで、探偵の調査費用にかかった

10倍ほどの金額になって返ってくるのが

慰謝料の相場です。

 

 

さらに不倫がいつ行われているのかが

分かれば、ピンポイントで探偵に依頼する

ことも可能なので費用を抑えることも

出来ます。

 

 

【デメリット】不倫制裁で不倫を公表するリスクとは?

 

いざ、不倫の制裁を加えるために、

しっかりと探偵による証拠集めを行い、

慰謝料請求をすることがまずは大切です。

 

 

しかし、慰謝料だけでは収まらないのが、

不倫された側の気持ちです。

 

 

そこで、慰謝料請求のために集めた不倫の

証拠を不倫相手にダメージを与えるために

使えないかと考えることも出てくるものです。

 

 

しかし、その行為は行き過ぎると、

侮辱罪やプライバシーの侵害などに

問われることもあるので注意が必要です。

 

 

仕返し不倫制裁は不利になるだけ

 

また、不倫をされた腹いせに、自分も

不倫してやるという人もいます。

 

 

ここで気をつけないのは、自分も不倫を

してしまうことで、自分の立場を弱くして

しまっているということです。

 

 

はじめに不倫されている以上、気持ち的には

仕返ししたい気持ちでいっぱいですが、

そこで感情的に行動してしまうことで、

 

 

「ケンカ両成敗」とみなされてしまい、

裁判で有利になる条件はなくなってしまいます。

 

 

時間もお金もかけたので不倫の制裁を完璧に成し遂げたい

 

不倫の制裁の為の証拠は集めた。

 

 

証拠集めで自分がどれだけ傷ついたか

わからない。

 

 

だからこそ、不倫の制裁は確実に行いたい。

 

 

不倫相手の職場に不倫の証拠を送り付ける

とか、実家あてに不倫の証拠を送り付ける

などしたい気持ちはわかります。

 

 

しかし、不倫の証拠を公表することは

自分が侮辱罪やプライバシーの侵害で

訴えられるリスクを背負うことになります。

 

 

そんため、せっかく時間もお金もかけて

あつめた不倫の制裁の証拠は、

 

 

正式に弁護士に依頼して慰謝料請求に

使うことが最も効果的です。

 

 

 

不倫の制裁は熱くなった方が負け

 

不倫の制裁で最も効果的で、

リスクの無い方法は慰謝料請求です。

 

 

そのために、不貞の証拠を確実に集める

必要があります。

 

 

不貞の証拠を確実に集めるためには、

探偵・興信所で探偵に浮気調査を依頼

することが最も一般的です。

 

 

一時の感情に流されて、自分が不利に

なるような不倫の制裁や仕返しを

してはいけません。

 

 

不倫の制裁をした後の気持ちとは?

 

不倫相手に制裁を加えて、それで不倫が

解決するかと思いきや、不倫が再発する

ケースは多いです。

 

 

油断は禁物です。

 

 

また、感情的に不倫の制裁をしてしまった

場合には、逆に自分が訴えられることも

考えられます。

 

 

その場合、さらに自分が傷つくことに

なるため、努めて冷静になることが大切です。

 

 

正当に不倫の制裁をした後の気持ちとは?

 

一方、正式な手続きを取り、正当に不倫の

制裁を行った場合でも、不倫された辛さや

憎しみがきえるわけではありません。

 

 

それでも、慰謝料請求など法的な効力も

発生するため不倫で傷ついた気持ちの

清算として、一旦の区切りになります。

 

 

不倫の制裁メリットとデメリットまとめ

 

不倫の制裁で大切なことは、感情的に不倫の

仕返しをしないことが、まず自分の立場を

不利にしないため大切です。

 

 

そして、最も不倫相手や不倫したパートナー

への有効な制裁方法は慰謝料を請求する

ことです。

 

 

慰謝料請求には、不貞の証拠である継続した

肉体関係の証拠を集める必要があります。

 

 

証拠集めは自分だけでは困難です。

 

 

不倫の制裁で悩んだら、まずは無料相談から

はじめてみることをおすすめします。

 

 

浮気調査探偵事務所おすすめランキング

第1位:原一探偵事務所

調査実績44年の他社を圧倒する経験と日本最大級の調査員数を誇る原一探偵事務所。

110.000件以上の相談の実績を積み重ねてきた独自のネットワークで精度が極めて高い調査を行います。

どこよりも質の高い証拠が取れると評判な探偵事務所です。

無料の電話相談から、匿名でのメールでの相談も可能です。

旦那の浮気に心当たりがあるならまずは無料相談ください。

第2位:アイヴィ・サービス

24時間365日受付可能で日本全国をサポートしてるアイヴィ・サービス。

弁護士との連携もスムーズで裁判で提出できる高い証拠収集力は全国の弁護士の先生からも評判です。

浮気調査だけでも年間2,000件を超える実績を誇ります。

女性ライフアドバイザーもおり、1人で不安を抱えて悩むより、まずは無料相談してみることをおすすめします。

第3位:HAL探偵社

とにかく、浮気調査の費用を安く抑えたい人におすすめなHAL探偵社。

独自の料金システム「成功報酬&後払い(初期費用0円)」で浮気調査にかかる費用で他社を圧倒します。

また、成功報酬制なため、依頼に関する情報が取れなかった場合には費用は発生しません。

浮気調査費用を出来る限り安く抑えたい人に、まずは無料相談から。

第1位:原一探偵事務所

探偵事務所で迷ったら、まずは原一探偵事務所で間違いありません。

発覚しずらい40代の浮気

社会的地位も得て、女性にモテル年頃の旦那は慎重に慎重を重ねて浮気をします。

最も多いのは職場の女性社員で浮気の3割を占めます。

旦那の浮気に心当たりがある人は、まずは無料相談からはじめてみることをおすすめします。