嫁の浮気を許せない!離婚したい!

 

まさか自分の嫁が浮気するとは

夢にも思わなかった。

 

 

キッカケはパートに出始めた嫁の

帰りが遅くなったことや休日出勤が

増えたことだ。

 

 

はじめは、仕事が順調のように

言っていたが、自分の同僚に話をすると、

「浮気しているのでは?」と言っていた。

 

 

まさかとは思ったが、嫁がお風呂に

入っている間に嫁のLINEを見てみると、

会社の上司との浮気がわかるやり取りがあった。

 

 

嫁の浮気は本気

 

女の浮気は男の浮気と違って、

気持ちがないと浮気はしません。

 

 

そのため、嫁の浮気は浮気ではなく

本気の場合がほとんどです。

 

 

嫁の浮気をしったとき、夫は離婚か

やり直すかを迫られます。

 

 

しかし、男の場合の多くが離婚すること

を選ぶことが多いです。

 

 

嫁の浮気を探偵・興信所に依頼して調べ、

生生しい証拠をつきつけられて、

やり直すこと選ぶ男が少ないのが現実です。

 

 

嫁の浮気で離婚して後悔する前に

 

嫁の浮気は夫にとって、とても許せるもの

ではありません。

 

 

しかし、一時の感情だけで離婚を決めて

しまうのはもしかすると後悔することに

つながるかもしれません。

 

 

そのため、嫁の浮気で離婚するとしても、

後悔しないために、どんな準備が必要

なのかを理解しておく必要があります。

 

 

何が原因で浮気に至ったのかを考える

 

そもそも、なぜ嫁は浮気に走ったのでしょうか。

 

 

離婚するにしろしないにしろ、

何が原因で嫁が浮気をしたのかを知ることは

同じ過ちを犯さないために重要です。

 

 

例えば、

・旦那と一緒にいられる時間が少なく寂しい

・長年の肉体関係がなくセックスレス

 

 

・パートナーに嫌気がさした

・飲んだ勢いでそのまま

などいくつもあります。

 

 

離婚前にしておく事前の準備とは?

 

嫁の浮気が原因で離婚する際にも、

離婚の際には多くの交渉が必要になります。

 

 

例えば、慰謝料や親権、浮気相手への

制裁など様々あります。

 

 

離婚で後悔しないためにどんな準備が

必要なのか見ていきたいと思います。

 

 

各種の名義変更

 

夫婦である間は、名義が旦那でも嫁でも

気にせず使っていることが多いです。

 

 

しかし、問題になるのは離婚後です。

 

 

名義が自分のまま残っていると、

相手が払うべきところを自分名義で

支払いが請求されてしまいます。

 

 

そのため、ローンの返済や保険の

受取人など、名義変更が必要なものが

あります。

 

 

離婚の取り決めを必ず書面に残す

 

離婚の際には離婚届けもそうですが、

慰謝料や養育費などの問題もあります。

 

 

口約束だけだと、言った言わないの

話になり、結局無駄な時間とエネルギー

を費やすことにもなりかねません。

 

 

そのため、離婚に際して決めたことは

書面に残すことが大切です。

 

 

離婚協議書と公正証書

 

 

離婚に際しての取り決めを残す方法には

2つあります。

 

 

離婚協議書と公正証書という方法です。

 

 

離婚協議書と公正証書では、

内容は同じことが書かれていたとしても、

意味合いが変わってきます。

 

 

離婚協議書だけでは法的な効力がないため、

万が一慰謝料や養育費が払われなくなった

としても法的な力がないため、

十分には機能しません。

 

 

そこで、公正証書として作っておくことで、

公正証書は法的な効力があるので

「強制執行」させることが可能です。

 

 

離婚慰謝料の金額を決める

 

嫁の浮気が原因での離婚なので、

もちろん夫であるあなたは慰謝料を

請求することができます。

 

 

慰謝料は嫁の浮気により夫の気持ちが

深く傷ついたことへの損害賠償という

形になります。

 

 

慰謝料の相場は200万円前後となって

います。

 

 

また、慰謝料は浮気した嫁だけでなく、

浮気相手にも請求することができます。

 

 

親権や養育費について決める

 

嫁の浮気で最も納得しずらいのが、

子どもの親権です。

 

 

浮気したのは嫁の方ですので、

夫が望めば子どもの試験は男側が

取れると思いますよね?

 

 

しかし、実際には違います。

 

 

嫁が浮気したことと、子どもの

親権を嫁が獲得することとは

切り離されて考えられる傾向に

あるようです。

 

 

親権が嫁になる可能性は80%以上

 

嫁の浮気が離婚の原因だとしても、

子どもの親権を嫁がとる確率は80%以上

という統計がでています。

 

 

子どもの親権に関しての判断基準は

嫁が浮気したかどうかではなく、

「子どもにとってどちらが幸せになるか」

という基準で見られます。

 

 

基本的には日常の世話が多くできる嫁

有利になります。

 

 

離婚での財産分与について決める

 

財産分与に関しても、嫁が浮気したという

こととは別の問題として切り離して

考えられます。

 

 

結婚後に築いた、預金はもちろん、

不動産や家具、自動車や年金、

住宅ローンの負債まで均等に2分割されます。

 

 

財産にはプラスの財産だけでなく、

マイナスの財産もあるので、

注意が必要です。

 

 

慰謝料は取れたものの養育費や財産分与で損をする?

 

嫁の浮気が原因の離婚なので、

慰謝料は取れます。

 

 

しかし、慰謝料をとったものの、

逆に損をしてしまうこともあります。

 

 

たとえば、親権が嫁になり、

養育費を支払う必要がでることです。

 

 

また、自分の財産が多く、それを分割する

場合にも損をしてしまいます。

 

 

嫁の浮気が原因の離婚なのに、

自分が損をしてしまうなんて

なおさら許せない気持ちです。

 

 

嫁と嫁の浮気相手にとっては望むところ

 

離婚することで、嫁にとって良い状況になると

いうこともあります。

 

 

これまでは、嫁にとっても浮気だったものが、

これからは周りを気にすることなく浮気相手と

一緒になることもできるからです。

 

 

嫁と嫁の浮気相手との生活と一転、

残された夫は、孤独に生活することが

待っているかもしれません。

 

 

離婚で後悔する前に、離婚するメリットと

デメリットを理解しておく必要があります。

 

 

慰謝料請求の確固たる浮気の証拠集めに探偵事務所

 

離婚の際の慰謝料請求には嫁が確かに

浮気しているという確たる浮気の証拠が

必要です。

 

 

浮気相手との「継続した肉体関係」を

証明する証拠を集める最も一般的で

効果的な方法は探偵事務所に調査を

いらいすることです。

 

 

驚くほど精度の高い嫁の浮気の証拠

集めてくれるでしょう。

 

 

裁判に勝つには、この嫁の浮気の証拠を

集められるかどうかが最も重要です。

 

 

嫁の浮気の証拠集めに探偵・興信所がおすすめ

 

嫁の浮気の証拠集めには自分で行うか、

探偵を使うかという方法があります。

 

 

自分で行った方が費用もかけずに

集められそうに感じますが、

素人が嫁の継続した肉体関係がわかる

証拠を集めるのはとても難しいです。

 

 

そのため、探偵に依頼します。

 

 

驚くほど高い探偵の調査力とは?

 

探偵の調査の精度は驚くほど高いです。

 

 

不貞の証拠だけでなく、相手の素性も

あきらかにされます。

 

 

嫁の浮気で離婚するにしろやり直すにしろ、

嫁の浮気で悩んだら、まずは無料相談

してみることをおすすめします。

 

 

浮気調査探偵事務所おすすめランキング

第1位:原一探偵事務所

調査実績44年の他社を圧倒する経験と日本最大級の調査員数を誇る原一探偵事務所。

110.000件以上の相談の実績を積み重ねてきた独自のネットワークで精度が極めて高い調査を行います。

どこよりも質の高い証拠が取れると評判な探偵事務所です。

無料の電話相談から、匿名でのメールでの相談も可能です。

旦那の浮気に心当たりがあるならまずは無料相談ください。

第2位:アイヴィ・サービス

24時間365日受付可能で日本全国をサポートしてるアイヴィ・サービス。

弁護士との連携もスムーズで裁判で提出できる高い証拠収集力は全国の弁護士の先生からも評判です。

浮気調査だけでも年間2,000件を超える実績を誇ります。

女性ライフアドバイザーもおり、1人で不安を抱えて悩むより、まずは無料相談してみることをおすすめします。

第3位:HAL探偵社

とにかく、浮気調査の費用を安く抑えたい人におすすめなHAL探偵社。

独自の料金システム「成功報酬&後払い(初期費用0円)」で浮気調査にかかる費用で他社を圧倒します。

また、成功報酬制なため、依頼に関する情報が取れなかった場合には費用は発生しません。

浮気調査費用を出来る限り安く抑えたい人に、まずは無料相談から。

第1位:原一探偵事務所

探偵事務所で迷ったら、まずは原一探偵事務所で間違いありません。

発覚しずらい40代の浮気

社会的地位も得て、女性にモテル年頃の旦那は慎重に慎重を重ねて浮気をします。

最も多いのは職場の女性社員で浮気の3割を占めます。

旦那の浮気に心当たりがある人は、まずは無料相談からはじめてみることをおすすめします。