興信所とは?

 

現在では素行調査というと、探偵という

イメージが強いので興信所と言われても

よくわからないという人は多いです。

 

 

しかしながら、探偵事務所と興信所は

言い方こそ違いますが、同じ調査業です。

 

 

昔は扱っている調査内容が異なるという

ルーツがありますが、現在では探偵事務所

も興信所も意味は同じです。

 

 

興信所の主な調査業務とは?

 

興信所の主な調査業務は、クライアントから

依頼を受けて、対象への調査活動を開始します。

 

 

現在では探偵も興信所も業務内容に違いは

ありません。

 

 

その所以は、2007年に施行された探偵業法

によります。

 

 

探偵業法には興信所と探偵業の区分けはなく、

どちらも同じ調査会社として一律にしました。

 

 

企業からの依頼を受ければ、信用調査を

行いますし、個人からの依頼では行動調査

などを行います。

 

 

探偵事務所と興信所での違いとは?

 

探偵業と興信所の業務の違いがあった時期には

どのような活動が行われていたのでしょうか?

 

 

まず、現在の探偵のイメージが作られたのは、

戦前まで戻ります。

 

 

もともと刑事の手法として用いられていた

尾行や張り込み、聞き込みなどを、1個人の

依頼を受けて、対象に身分がバレないように

行うというものでした。

 

 

一方、興信所では、明治維新後の商業で

企業間の取引が重要視されました。

 

 

そこで、取引先が信用できるかどうか

調べるために商業興信所が作られたのが

はじまりです。

 

 

探偵事務所と興信所の業務とは?

 

興信所による信用調査は、

相手企業と取引をする際に、

後々自社にとって面倒が起こらないか、

企業の財務や取引状況などを調べる調査です。

 

 

一方、個人信用調査を中心に行ってきたのが、

探偵事務所。

 

 

個人での信用調査では、相手の素性や

財産などを調べていました。

 

 

興信所の調査方法は、企業を対象とするため、

身分を自ら明かし、対象から直接情報を

集めていました。

 

 

対して探偵の調査方法は、対象に身分が

バレないよう、尾行や張り込みなどで、

対象者に気付かれないよう調査を

行ってきました。

 

 

興信所と探偵事務所はもともと違う業種だった?

 

このように、興信所と探偵事務所では

もともとは違う業種でした。

 

 

企業相手に自らの身分を明かして、

情報を集める信用調査を行う興信所。

 

 

対して、個人を対象に自らの身分が

バレないよう、情報を集める行動調査を

行う探偵業という違いです。

 

 

以前は調査対象も調査方法も違っていた

興信所と探偵ですが、現在では、

調査を行う会社として同じものに

なっています。

 

 

どこまでわかる?興信所を利用した結果とは?

 

興信所を選ぶ基準でまず気になるのが、

費用です。

 

 

興信所への依頼が最も多いものは

浮気調査です。

 

 

浮気調査だけで調査依頼の8割を超えます。

 

 

浮気調査と聞くと費用が高いという

イメージがあるので、興信所を選ぶ

基準にもなるのですが、

 

 

最も大事なことは興信所の調査力です。

 

 

調査能力が低ければ、結果が出てきません。

 

 

いくら安い調査費用だからと言って、

証拠が出てこなければ何の意味も

ありません。

 

 

費用を少しでも抑えたいのは

分かりますが、結果高くつくという

こともあります。

 

 

興信所の選び方で変わる証拠と費用とは?

 

興信所にかかる費用は選ぶ興信所で

大きく変わります。

 

 

それは、調査力の違いです。

 

 

調査力の低い興信所では、証拠を

集められないだけでなく、時間も

長くかかるので、

 

 

結局費用が高くなってしまう

ということが起きてしまいます。

 

 

そのため、安すぎる興信所を選ぶ際には、

調査力を見極める必要があります。

 

 

驚愕の興信所の調査能力とは?

 

興信所に依頼すれば、違法なことでも

行って証拠や情報を集めるのではないか?

と心配な人もいます。

 

 

しかし、興信所は探偵業法という

法律により定められているので、

違法な調査はできません。

 

 

調査能力の高い興信所はそのようなことを

せずとも独自のネットワークから情報

得ることができます。

 

 

生活をするうえで個人情報を書いたり

入力することがありますよね?

 

 

たとえば、キャッシュカードに始まり、

ショッピングモールやレンタルビデオの

会員カードなどです。

 

 

これらの情報は回っているので

調査力の高い興信所では合法的に

情報を手に入れることができます。

 

 

探偵の調査能力によって変わる結果とは?

 

興信所への依頼の8割以上が夫や妻の

浮気調査です。

 

 

興信所の驚くべき調査力はテレビでも

度々放送されています。

 

 

例えば、電話番号一つあれば、

その人のほとんどの個人情報、例えば

生年月日から勤務先、年収、

 

 

借金の有無や車のナンバーまで

あらゆることが明らかにされてしまいます。

 

 

それほど、興信所の調査力は高いです。

 

 

肝心の浮気調査でも、複数名で尾行すること

で対象に気づかれることなく、浮気の証拠を

集める確率が高くなっています。

 

 

どこまで調べられるのか、無料相談

聞いてみるものいいかもしれません。

 

 

興信所では行わない具体的な違法行為とは?

 

基本的に探偵業法にのっとって運営

されている興信所では違法行為になる

調査は行いません。

 

 

たとえば、対象の周辺に盗聴器を

しかけたり、PCやスマホのデータを

調べたり、住居に侵入するなどです。

 

 

調査力のある興信所では、法律を

守りながらも精度の高い調査報告を

してくれます。

 

 

興信所同士の繋がりだけでなく、

弁護士やマスコミとのつながり

利用して情報を集めることも

行われています。

 

 

そのため、実績が十分あり、

業界でも信用されている興信所を

選ぶことが重要です。

 

 

興信所の秘密厳守信用できるの?

 

興信所への依頼はとてもデリケートな

ものです。

 

 

そのため、もし万が一、自分の個人情報が

漏れてしまったら、とてもじゃないけど

耐えきれません。

 

 

探偵業法第十条には、探偵業者の業務に

従事する者は、正当な理由がなく、

その業務上知り得た人の秘密を漏らしては

ならない。

 

 

探偵業者の業務に従事する者でなくなった

後においても、同様とする。

と書かれています。

 

 

これを破れば、法律違反となり、違法です。

 

 

そのため、興信所でもウイルス対策や

ハッキング対策など個人情報を守ることに

関しては徹底して行われています。

 

 

興信所選びで迷ったらまずは無料相談

 

調査依頼をするにあたり、

興信所選びで迷ったら、

まずは無料相談することが有効です。

 

 

興信所によって得意分野が異なるので、

どこまで調査できるのか無料相談することで、

依頼への不安が解消されていくでしょう。

 

 

興信所の多くは、無料相談や無料見積もり

してくれます。

 

 

興信所選びで迷ったら、まずは無料相談から

はじめてみることをおすすめします。

 

 

浮気調査探偵事務所おすすめランキング

第1位:原一探偵事務所

調査実績44年の他社を圧倒する経験と日本最大級の調査員数を誇る原一探偵事務所。

110.000件以上の相談の実績を積み重ねてきた独自のネットワークで精度が極めて高い調査を行います。

どこよりも質の高い証拠が取れると評判な探偵事務所です。

無料の電話相談から、匿名でのメールでの相談も可能です。

旦那の浮気に心当たりがあるならまずは無料相談ください。

第2位:アイヴィ・サービス

24時間365日受付可能で日本全国をサポートしてるアイヴィ・サービス。

弁護士との連携もスムーズで裁判で提出できる高い証拠収集力は全国の弁護士の先生からも評判です。

浮気調査だけでも年間2,000件を超える実績を誇ります。

女性ライフアドバイザーもおり、1人で不安を抱えて悩むより、まずは無料相談してみることをおすすめします。

第3位:HAL探偵社

とにかく、浮気調査の費用を安く抑えたい人におすすめなHAL探偵社。

独自の料金システム「成功報酬&後払い(初期費用0円)」で浮気調査にかかる費用で他社を圧倒します。

また、成功報酬制なため、依頼に関する情報が取れなかった場合には費用は発生しません。

浮気調査費用を出来る限り安く抑えたい人に、まずは無料相談から。

第1位:原一探偵事務所

探偵事務所で迷ったら、まずは原一探偵事務所で間違いありません。

発覚しずらい40代の浮気

社会的地位も得て、女性にモテル年頃の旦那は慎重に慎重を重ねて浮気をします。

最も多いのは職場の女性社員で浮気の3割を占めます。

旦那の浮気に心当たりがある人は、まずは無料相談からはじめてみることをおすすめします。