不倫が法律違反になる境界線とは?

 

不倫はいけないことだとわかりながらも、

不倫してしまう人は大勢います。

 

 

一方、不倫をしているものの不倫が

法律でどのように扱われているか

知っている人はどれほどいるでしょうか?

 

 

安易に不倫や浮気をしてしまい、

後々離婚だけでなく高額な慰謝料請求

親権が取られてしまうことは驚くほど

多いです。

 

 

不倫が法律に違反する境界線とは

どのあたりにあるのでしょうか。

 

 

どこからが法律違反になる不倫?

 

不倫が法律違反になる誤解されている

ケースはよくあります。

 

 

その理由は、刑法ではなく民法にあります。

 

 

役所に婚姻届けを出したその日から、

2人は法律的に夫婦関係になります。

 

 

民法では、婚姻届けを出した夫婦に

その日から貞操義務が発生します。

 

 

貞操義務とは配偶者以外に身や心を

許さないということです。

 

 

つまり、不倫をすることは貞操義務違反

にあたり、相手の生活の破綻を招くなどの

損害賠償として慰謝料請求ができます。

 

 

ただ、不倫自体を禁じた条文はないため、

不倫は法律違反にはあたらないというだけです。

 

 

【衝撃】不倫は法律違反ではない?

 

不倫は法律違反ではありません

 

 

なぜなら、不倫には罰則がありません。

 

 

つまり、不倫をしても刑事罰には問われず、

不倫をすることで逮捕されたり、

 

 

罰金を払ったりということは法律的に

違反しているわけではないので、

行われません。

 

 

驚いた人も多いかもしれませんが、

刑事罰の中に不倫を罰するものは

現在の日本では存在していません。

 

 

結婚してる人が風俗に行くのは不倫?

 

結婚しても風俗通いしている男性は

多いです。

 

 

1人でいく場合もありますし、

付き合いでいくという人も多いでしょう。

 

 

結婚している人が風俗に行くことは

不倫に当たらないのでしょうか?

 

 

実は、結婚している人が

風俗に通うことは不倫にあたります。

 

 

結婚している人が風俗に通うことは

法律違反にはなりませんが、訴えられた場合、

損害賠償として慰謝料請求されます。

 

 

実際に、風俗通いが不倫と知らずに、

慰謝料で400万円請求された事例もあります。

 

 

配偶者以外の人に恋をしたら不倫?

 

婚姻届けを出したといえども、

配偶者以外にときめいてしまうことも

結婚生活の中ではよくあることです。

 

 

配偶者を大切に思う気持ちは変わらない

ものの、ふとしたときにドキドキする人

脳裏をよぎるような時もあります。

 

 

しかし、民法にあるように心を許すことも

貞操義務違反となるため不倫にあたります。

 

 

ただ、配偶者以外に恋をすることは

法律違反にはあたりません。

 

 

慰謝料請求できる不倫の境界線とは?

 

恋心で不倫というならば、いくらでも

慰謝料請求できそうなものですが、

実際には慰謝料請求できる不倫と

そうでない不倫があります。

 

 

不倫で慰謝料請求できる境界線とは

いったいどのあたりにあるのでしょうか。

 

 

慰謝料請求は不倫=不貞行為と認められたとき 

 

不倫というのは、民法770条にある不貞という

表現が近いですが、不貞=不倫ではありません。

 

 

恋人仲になってデートして、キスやハグを

した程度の不倫には関係ありません。

 

 

もちろん慰謝料請求もできません。

 

 

不倫で慰謝料請求できる場合は

継続した肉体関係

があったという不貞の証拠が認められた時です。

 

 

不倫は法律違反ではなく離婚裁判の理由

 

今の法律で不倫自体を違法とする法律は

存在しません。

 

 

一方、夫婦の間には貞操義務が生じると

いうこと見てきました。

 

 

民法の770条の意味として

 

>夫婦の一方は、配偶者に不貞な行為が

あったときに限り、離婚の訴を提起する

ことができる。

 

 

とあります。

 

 

つまり不倫は法律違反にならないものの、

不貞行為は離婚裁判を起こす理由になり、

その際に不貞行為が原因であれば

 

 

損害賠償として慰謝料を請求できると

いうことです。

 

 

配偶者の不倫を禁止する法律はない

 

 

法律に、不倫をしてはいけないと

書かれているわけではないので、

不倫したところで違法でもなんでもないです。

 

 

民法にあるのは肉体関係まであった場合の

不貞で、不貞も法律で禁止されているわけ

ではありません。

 

 

つまり、貞操義務はあるものの、旦那も妻も

配偶者が他の異性と肉体関係を持つことを

禁ずる権利は持ちえません

 

 

しかしながら、不貞行為があった場合には

離婚裁判や損害賠償として高額な慰謝料請求

の訴えを起こすことができます。

 

 

慰謝料請求では肉体関係があったかどうかが大切

 

不倫自体は法律違反ではありませんが、

不倫によって相手に損がい(生活の破綻など)

を与えた場合は、損害賠償となり立派な

法律違反です。

 

 

その際、最も重要なポイントは不倫=不貞行為

と言える「肉体関係」があったかどうかです。

 

 

不貞行為として肉体関係があれば損賠賠償

不法行為となりますが、肉体関係がない

場合は不法行為とはいえません。

 

 

裁判所で慰謝料請求するには「証拠」が必要

 

全ての不倫は法律違反(損害賠償)にはなりません。

 

 

裁判所に慰謝料請求の訴えを起こす場合は、

証拠が必要です。

 

 

肉体関係があったという証拠を集めて

おかない限り、裁判所は訴えを退ける

でしょう。

 

 

さらに、不貞行為の証拠は

「継続した肉体関係」

がわかるものが必要です。

 

 

不貞行為による慰謝料の額とは?

 

一般的に不貞行為による慰謝料請求の

相場は200万円前後の100万~300万と

いわれています。

 

 

しかし、場合によっては400万など

さらに高額な慰謝料請求になる

ケースもあります。

 

 

そして、不貞行為の証拠を集めるには、

自分で行うよりもプロの探偵に任せる

ことが確実です。

 

 

なぜなら、そもそも不貞の証拠を集める

こと自体が難しく、時間もかかります。

 

 

さらに、集めたと思った証拠が裁判で

全く通用しないということもあります。

 

 

そのため、不倫調査はプロの探偵

依頼する人が多いのです。

 

 

不倫は法律違反にならないまとめ

 

不倫は法律違反になりません。

 

 

しかし、2次的に相手に損害を与えた場合、

損害賠償の不法行為となり慰謝料請求が

できます。

 

 

慰謝料の相場はおよそ200万円程度と

言われています。

 

 

慰謝料請求の裁判には不貞の証拠が

必要です。

 

 

不貞の証拠は素人である自分で行うより、

プロの探偵に任せた方が確実です。

 

 

探偵事務所では不倫の悩みに無料相談

お応えしているところもあります。

 

 

疑問に思ったことは、まず無料相談で

聞いてみるとよいでしょう。

 

 

 

浮気調査探偵事務所おすすめランキング

第1位:原一探偵事務所

調査実績44年の他社を圧倒する経験と日本最大級の調査員数を誇る原一探偵事務所。

110.000件以上の相談の実績を積み重ねてきた独自のネットワークで精度が極めて高い調査を行います。

どこよりも質の高い証拠が取れると評判な探偵事務所です。

無料の電話相談から、匿名でのメールでの相談も可能です。

旦那の浮気に心当たりがあるならまずは無料相談ください。

第2位:アイヴィ・サービス

24時間365日受付可能で日本全国をサポートしてるアイヴィ・サービス。

弁護士との連携もスムーズで裁判で提出できる高い証拠収集力は全国の弁護士の先生からも評判です。

浮気調査だけでも年間2,000件を超える実績を誇ります。

女性ライフアドバイザーもおり、1人で不安を抱えて悩むより、まずは無料相談してみることをおすすめします。

第3位:HAL探偵社

とにかく、浮気調査の費用を安く抑えたい人におすすめなHAL探偵社。

独自の料金システム「成功報酬&後払い(初期費用0円)」で浮気調査にかかる費用で他社を圧倒します。

また、成功報酬制なため、依頼に関する情報が取れなかった場合には費用は発生しません。

浮気調査費用を出来る限り安く抑えたい人に、まずは無料相談から。

第1位:原一探偵事務所

探偵事務所で迷ったら、まずは原一探偵事務所で間違いありません。

発覚しずらい40代の浮気

社会的地位も得て、女性にモテル年頃の旦那は慎重に慎重を重ねて浮気をします。

最も多いのは職場の女性社員で浮気の3割を占めます。

旦那の浮気に心当たりがある人は、まずは無料相談からはじめてみることをおすすめします。