65%って何の数字?

 

65%って聞いてどんなものか

イメージできる人はいるでしょうか。

 

 

65%とは離婚したいと思ったことの

ある旦那の割合を示しています。

 

 

現代社会では、3組に1組の夫婦が

離婚しているという現実があります。

 

 

そして、その裏には、3組に2組の

旦那が離婚したいと思ったことが

あるということも隠れています。

 

 

つまり、離婚したいと思った夫婦の

半分は、現実的に離婚に踏み切って

いるということです。

 

 

65%の旦那が離婚したいと

思ったことがあるのは少ないと

思いますか?

 

 

多いと思いますか?

 

 

旦那が妻と離婚したいと考え始める理由とは?

 

離婚したい。長い結婚生活では、

多くの問題が起こります。

 

 

育ってきた環境の違いや価値観の

違いは誰にでもあります。

 

 

そして、愛するパートナーと結婚し、

生活を共にしていく中で、

 

 

「どうしてそんなことをするのだろう?」

 

 

と自分の価値観にないものに対して

腹立たしく思うことも出てきます。

 

 

些細なことでケンカするようになり、

家庭が居心地の悪い空間になって

しまうと、仕事や家事にも悪影響です。

 

 

残念ながら、この負のスパイラルから

抜け出すために離婚したいと思う

ようになる夫婦が3組に2組いると

いう現実なのです。

 

 

そこで、今回は旦那から見た

離婚したい理由を見ていきたいと

思います。

 

 

妻の見た目の変化が離婚したい理由とは?

 

結婚後に絶対に妻にしてほしくない

ことランキングで堂々の1位を

とっているものがあります。

 

 

それは、太ることです。

 

 

結婚を機に、一気に太りはじめる妻は

大勢います。

 

 

実は、旦那の離婚したい理由として、

妻の見た目の急激な変化は最大の

割合を占めているといわれています。

 

 

特に、出産を経験した妻では、

オンナから母親へと変わってしまい、

旦那からすると、

 

 

もはやオンナとして見れないと

いうことがあります。

 

 

自分の要求ばかりするわがままな妻にうんざり

 

結婚後、妻からの要求が増えたと

感じている旦那は多くいます。

 

 

家庭のことからはじまり、

仕事のことまで、

いちいち事細かく要求されていては、

 

 

旦那にとって家庭は居心地のいいもの

ではなくなってしまうでしょう。

 

 

結婚し、生活をともにすることで、

生活にシビアになった妻の態度が

大きく変わるという話は

多くあります。

 

 

何かにつけて、旦那にダメ出し

していませんか?

 

 

性格のきつい妻も離婚したい

理由の上位に入っています。

 

 

旦那のお金を使い込んでいる?

 

お金の問題も、離婚したい理由の

1つです。

 

 

共働きで、夫婦ともに稼ぎが

あるという夫婦よりも、

専業主婦でこの傾向が強い

ようです。

 

 

主婦の1日はたいくつです。

 

 

掃除洗濯などの家事に食事の

用意など毎日同じことの繰り返しで、

刺激がないかもしれません。

 

 

はじめは頑張っていても、

時間が経つとともに息抜きしたい

という気持ちも強くなってきます。

 

 

そこで、通販やマッチングサイトを

通した交際や高級美容品などで、

旦那が困るほどお金を使いこむことも

離婚したい理由の1つです。

 

 

セックスレスで夫婦の営みはない

 

現代の夫婦では、およそ60%の

夫婦がセックスレスです。

 

 

セックスレスの夫婦は2組に1組以上

いるということです。

 

 

つまり、離婚したいと思う旦那が

3組に2組あり、実際に離婚した夫婦が

3組に1組いるということを考えると、

 

 

セックスレスで離婚したい気持ち

関連性が高いことがわかります。

 

 

特に、産後のセックスレスは問題で、

産後をきっかけにセックスレスになる

夫婦は驚くほど多いです。

 

 

お互いに忙しい日常に、

育児が加わることは本当に大変です。

 

 

最後にセックスレスにならない夫婦は

30代~40代では3割程度と言われて

います。

 

 

妻の浮気で離婚したい

 

すれ違い生活や、たいくつな日常、

マッチングアプリの普及などで

妻の浮気が増えています。

 

 

以前は、浮気で離婚したいというのは

旦那側の問題が多かったですが、

今や妻の浮気で離婚する夫婦は

珍しくありません。

 

 

特に妻の浮気で多いのが、

働きに出ている妻では会社の

同僚や後輩、パート関係です。

 

 

また、専業主婦では、学生時代の

同級生や元カレ、マッチングアプリ

などを通しての浮気が多いようです。

 

 

妻の浮気調査には探偵で証拠を集める

 

離婚したいと思った場合、

離婚する方法は3つあります。

 

 

1つは、協議離婚。

 

 

1つは、調停離婚。

 

 

この両者の場合は、お互いが離婚に

同意すれば、離婚できます。

 

 

一方、同意できない場合には、

裁判で争うことになります。

 

 

離婚裁判では、離婚するにあたり

明確な離婚の原因が必要です。

 

 

そこで、離婚の際に妻の不貞行為

明確な離婚原因として、

裁判でも認められます。

 

 

しかし、不貞行為を証明するには、

証拠が必要です。

 

 

妻の浮気の証拠は自分で集められると

思っている人もいますが、

実際に裁判で使える証拠を集めるのは

 

 

 

プロの探偵に任せるのが最も一般的で

効果が高いです。

 

 

裁判の相談をしていく中で、

探偵に依頼するという人もいるで

しょう。

 

 

離婚したいと思ったら、

まずは無料相談からはじめてみる

ことをおすすめします。

 

 

浮気調査探偵事務所おすすめランキング

第1位:原一探偵事務所

調査実績44年の他社を圧倒する経験と日本最大級の調査員数を誇る原一探偵事務所。

110.000件以上の相談の実績を積み重ねてきた独自のネットワークで精度が極めて高い調査を行います。

どこよりも質の高い証拠が取れると評判な探偵事務所です。

無料の電話相談から、匿名でのメールでの相談も可能です。

旦那の浮気に心当たりがあるならまずは無料相談ください。

第2位:アイヴィ・サービス

24時間365日受付可能で日本全国をサポートしてるアイヴィ・サービス。

弁護士との連携もスムーズで裁判で提出できる高い証拠収集力は全国の弁護士の先生からも評判です。

浮気調査だけでも年間2,000件を超える実績を誇ります。

女性ライフアドバイザーもおり、1人で不安を抱えて悩むより、まずは無料相談してみることをおすすめします。

第3位:HAL探偵社

とにかく、浮気調査の費用を安く抑えたい人におすすめなHAL探偵社。

独自の料金システム「成功報酬&後払い(初期費用0円)」で浮気調査にかかる費用で他社を圧倒します。

また、成功報酬制なため、依頼に関する情報が取れなかった場合には費用は発生しません。

浮気調査費用を出来る限り安く抑えたい人に、まずは無料相談から。

第1位:原一探偵事務所

探偵事務所で迷ったら、まずは原一探偵事務所で間違いありません。

発覚しずらい40代の浮気

社会的地位も得て、女性にモテル年頃の旦那は慎重に慎重を重ねて浮気をします。

最も多いのは職場の女性社員で浮気の3割を占めます。

旦那の浮気に心当たりがある人は、まずは無料相談からはじめてみることをおすすめします。